財務・会計

財務諸表の概要(財務・会計)

投稿日:

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。

今回から財務・会計について解説をしていきます。

財務・会計は中小企業診断士試験の中でもかなり重要か科目です。

一次試験だけでなく二次試験でも必要な知識です。

また、実務においても財務・会計を学ぶことで、数字を読む力が身に付きます。

企業に勤める方も、会社を経営する方も数字に強いほうが良いです。

仕事をしていない主婦や学生の方でも役に立ちます。

 

「1か月生活するのにかかり費用はどれ位か」

「収入に対して適切な支出になっているか」

こういったことを考えるのは会社でも個人でも必要ですよね(^^)

 

ちょっと話がそれそうなので、この辺りにしておきます(^^)

 

まずは財務諸表について解説します。

最初は概要について解説します。

掘り下げるのは次回以降とします。

 

財務諸表とは?

財務諸表とは企業の財政状態や経営成績などの会計情報を表す報告書のことです。

例えば、

  • お金の調達先と持っている資産を表す「貸借対照表」
  • 1年間の売上と費用を報告する「損益計算書」

が代表的です。また、

  • 現金の流れを表す「キャッシュフロー計算書」

も財務諸表に含まれます。

 

これらの報告書は期末決算後に作成します。

 

財務諸表はなぜ必要か

なぜ財務諸表が必要なのでしょうか?

主には3点あります。

  • 法律で決まっている
  • 企業外部の利害関係者に報告する
  • 経営者などの意思決定に活用する

法律で決まっている

財務諸表は、会社法によって企業で作成することが義務付けられています。

必要となる財務諸表は、

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表(計算書類を読む際の注意事項を記したもの)

です。

また上場企業は「キャッシュフロー計算書」の作成が義務付けられています。

これらは、どんなに小さい企業であっても株式会社であれば例外なく作成が義務付けられています。

 

企業外部の利害関係者に報告する

企業の活動を単純化すると、

  1. お金を調達する
  2. お金を使って設備などに投資
  3. 投資した設備等で付加価値を生み出す
  4. 付加価値を提供してお金を稼ぐ

というサイクルで運営しています。

ところでお金はどこから調達するのでしょうか?

調達先は以下の通りです。

  • 自分で用意する
  • 投資家から出資してもらう
  • 銀行等から借りる

といった感じです。

企業はこのような資金調達先に、資金の使い道や活動の結果を報告する必要があります。

財務諸表はそのための報告手段になっています。

「決算書」といったほうがわかりやすいですね(^^)

 

このように企業が資金の提供者に対して報告する責任のことを「アカウンタビリティ(説明責任)」と言います。

この用語は

  • 会計を意味する「アカウンティング」
  • 責任を意味する「レスポンシビリティ」

この2つを組み合わせたものです。

 

経営者などの意思決定に活用する

また財務諸表は企業内部でも活用できます。

経営管理者が会社の状態を数値で見ることで、今後の方向性についての意思決定を行うことができます。

例えば、粗利が前期と比較すると悪くなっている場合、製造工程や商品構成を見直します。

また一般指標と比較して労働装備率の数値が悪いと機械化が進んでいなかったり設備が老朽化している可能性があります。

 

 

財務会計と管理会計

似たような言葉で「財務会計」と「管理会計」というのがあります。

財務会計は「外部に報告する目的の会計」です。

管理会計は「内部の管理に活用するための会計」です。

 

最後に

今回は財務諸表の概要について解説しました。

中小企業のサラリーマンだと決算書を見る機会が少ないです。

私も今の仕事になるまで決算書に絡むことがなかったです。

絡んでも特に「楽しい!」ってわけではありませんが(^^;)

今回はこれで終了して、次回から財務諸表の中身に入りたいと思います。

読んでいただいて、ありがとうございました!

中小企業診断士の通信教育について知りたい方はこちらからどうぞ!

私の勉強方法など、中小企業診断士合格へのヒントはこちらからどうぞ!

【無料ダウンロードあり】コンサルタントのノウハウや中小企業診断士試験用の暗記カードデータはこちら

 

 
  にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

-財務・会計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

簿記について(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は簿記について解説していきます。 財務・会計は複雑な説明がありますが、数字に強くなると物事を理論的に考える力となります。 それではいってみましょう! C …

損益計算書について(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は財務・会計の損益計算書について解説します。   Contents1 損益計算書とは2 売上総利益(粗利)までの項目2.1 売上高2.2 売上 …

貸借対照表の負債と純資産の部(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 前回から貸借対照表の解説をしていますが、意外に内容が多かったので2回に分けています。 今回は貸借対照表の右側、貸方(負債の部と純資産の部)について解説します …

原価計算の概要(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回から原価計算について解説します。 原価計算も中小企業診断士試験では良く出題されます。 原価の出し方はいろいろありますが、出題のされ方はパターン化していま …

株主資本等変動計算書(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は株主資本等変動計算書について解説します。   Contents1 株主資本等変動計算書とは2 前期末残高は「前期までの純資産構成」3 当期変 …

PREV
サービス・マーケティングについて(企業経営理論)
NEXT
貸借対照表の概要と資産の部について(財務・会計)

おすすめの通信教育