診断士試験までの状況・心境

一次試験の10か月前の勉強記録

投稿日:2020年5月2日 更新日:

皆さんこんにちは!中小企業診断士のカズユキです。

自己満足感も否めないシリーズですが、今回も中小企業診断士試験前にどんなことを行なっていたか、当時の心境や記録を振り返りたいと思います。

2017年の10月なので、試験まで10か月前です。

少しづつ勉強の習慣がついてきたのではないかと思われますが、相変わらず講義中心の勉強が続いています。

ではまずは勉強時間の記録を私が利用していた通信教育の「スタディング」で見ていきたいと思います。

 

勉強時間

10月に入っても月60時間をキープできています。

4か月連続で月平均60時間ぐらいになっていますが、グラフの通り1日当たりのばらつきはすごいです。

仕事をしながらの勉強なので、その時の帰宅時間や体調等によって勉強にとれる時間は変わります。

記録だけ見ると平均2時間ぐらい勉強できててすごいと思われる方もいると思います。

特に勉強から遠ざかっている人はそう感じる人は多いですが、実際やってみると勉強をしてみると1時間ぐらいはすぐにたちます。

私は受験勉強はほとんどしたことがなくて、公務員試験を目指した15年ぐらい前に勉強をしたかなというぐらいでした。

勉強から遠ざかっていたので合格に必要といわれる1000時間もできるのかと思っていました。(※私の場合は一次試験750時間、二次試験150時間合計900時間で合格できました)

「スタディング」はパソコンで勉強する以外にもスマホを使用して学習することも可能です。

ですので朝に勉強していて出勤しないといけない時間が来たら、続きはスマホを使用して移動中にも見ていました。

また昼休みなども利用して講義を見ることもしていました。

そんな勉強だと頭に入らないのではないかと思われますが、”広く浅く”が中小企業診断士試験の合格へのコツなので

「とりあえず一周する」

という感じでこなしたほうが良いです。

勉強に慣れていない方は「しっかり理解しないと次に進みにくい」という方が多いですが、早く問題を解くために講義やテキストの勉強は早めに終了したほうが良いです。

そうしないと膨大な量のテキストを一通りさせるのに時間がかかってしまいます。

このころは暗記カードで勉強する方法を確立していなかったので、通勤途中は解答を間違った問題の解説をスマホのメモ帳にコピペして眺めるようなこともしていました。

テキストを眺めるだけでも勉強の効果はありますが、暗記カードのように回答が隠れているほうがはるかに知識の定着につながります。

暗記カードを使用した勉強方法は以下の記事に書きましたので、参考にしてください

独学で中小企業診断士合格〜暗記カード活用法〜




勉強内容

講義については10月16日をもって一旦終了しています。

中小企業経営・政策は公費の更新がまだされていなかったので、残っていた経営法務まで終了させました。

10月16日以降は講義の赤色グラフが伸びていて青色の問題や過去問のグラフが一切やっていない状態となっています。

これは暗記カードの勉強方法を思いついて一生懸命講義を振り返りながらカードアプリに入力していました。

スタディングに記憶フラッシュという口頭で答える小テストというのがありました。

それをひたすらに暗記カードアプリに入力するということをおよそ1か月続けていました。

この勉強方法は時間がもったいなかったと反省しています。

私が提唱する過去問中心の勉強方法のほうが効率的には良いです。

講義やテキストの勉強が終わった後はすぐに切り替えるべきでした。

勉強方法を模索していたので、トライ&エラーの連続です。


自己評価

せっかく一通り終わらせたのに、暗記カードだけをひたすらに作る作業はもったいなかったと反省です。

しかもこの作業がかなり苦痛だったことを覚えています(^^;)

でも「せっかく作り始めたから最後までしないと中途半端で嫌だ」という心理が働きましたので途中で辞めれませんでした。

これでいいのかなと思いいながらやってましたね(^^;)

皆さんはこんな作業はやめて問題を解くようにしてください。

暗記カードは過去問で学習しながら作るほうが良いです。

暗記カードアプリに入力する情報は「自分の知識が定着していない理論」を中心に作成してください。

そういった情報をスキマ時間に眺めることで学習が進んでなかった理論の定着を図ることができます。

まあそれでも月に60時間の勉強時間は上等だと思います。

集中が続く方はもっと勉強時間が長い方もいました。

しかし中小企業診断士試験は楽しみながらそこそこの勉強時間で合格できます。

合格してどう活用するかを考えておかないと資格だけ取って役立てることができないパターンもあります。

それについては最悪合格後に考えても良いと思います。

まあ、そのような考えだったので苦労している部分もありますが(^^;)

とにかくここでは合格するためのヒントを書いていきます。

一次試験を合格するためには知識が一番重要ですが、問題の出題傾向を掴んでおく必要があります。

早めに過去問で傾向を掴んで解きなれておくようにしてください。

 

今回はこれで終了です。

簡単な試験ではないですが、そこまで難易度が高い試験ではありません。

あまり気負いせずに新しい知識とのでありを楽しんで勉強してください!

また明日徒然なるままに書きますのでまた読んでください!

ありがとうございました!



 

 

中小企業診断士の通信教育について知りたい方はこちらからどうぞ!

私の勉強方法など、中小企業診断士合格へのヒントはこちらからどうぞ!

【無料ダウンロードあり】コンサルタントのノウハウや中小企業診断士試験用の暗記カードデータはこちら

 

 
  にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

-診断士試験までの状況・心境

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

一次試験の1年前の勉強記録

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 勉強がなかなかはかどらない方も多いと思いますが、そういう日は早めに切り上げてゆっくりできる日を作って下さい 私はできるだけ毎日するようにしていましたが、日に …

一次試験の1か月前の勉強記録

皆さんこんにちは!中小企業診断士のカズユキです。   いよいよこのシリーズも試験まで近づいてきました。 最後の追い込みをかけて試験に臨むために頑張っている時期でした。 この時期に通信教育であ …

一次試験の1年1か月前の勉強記録

どうもこんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 連休を利用して私がどのような過程を経て合格へつながったかを1か月ごとに書いています。 時間勉強や勉強方法は受験する方や検討している方にとってすごく気に …

一次試験の1年2か月前の勉強記録

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。   今回からシリーズで試験前にどのようなことをやっていたのか、どういう心境だったのか書いていきたいと思います。   私が利用していた通信 …

二次試験まで直前の勉強記録

皆さんこんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 このシリーズは私が中小企業診断士試験を受けた時の状況や心境をなるべく細かくお伝えしています。 皆さんにどうやればムダなことをせずに効率的に合格ができる …

PREV
本を聴くAudible (オーディブル) を使って無料で1冊手に入れよう!
NEXT
一次試験の9か月前の勉強記録

おすすめの通信教育