コンサル実務 5S活動

「一人一役」で社員をうまく巻き込もう

投稿日:2021年7月19日 更新日:

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。

今回は5S活動成功のポイントである「一人一役」について解説します。

うまくいかない5S活動

私は会社の目標管理が適正にできるよう、活動メンバーと一緒に進めています。

その中で5S活動を支援することもあります。

5S活動は組織的に整理整頓を実行する活動です。

活動自体はそれほど難しくありませんが、本業をやりながらだと、うまくいかないことがあります。

「うちの社員は掃除をきちんとやらなくて……」

「掃除はやっているのですが、どうもダラダラとしているようで……」

「すみずみまできれいに掃除をせずに、大ざっぱなんです」

「メンバーの協力が得られず、特定の人しか参加していません」

このような悩みは、5S活動をしている会社ではよく聞かれることです。

これは5S活動だけでなく、普段の仕事においても当てはまります。

こういったことをなくして、みんなが参加してもらえるようにするためにどうすれば良いでしょうか?

答えは「一人一役」です。

 

「一人一役」とは?

「一人一役」とは、名前の通り「一人ずつ役割を与えること」です。

例えば掃除が隅々まで行き届き、継続させようとする時に「一人一役」は清掃場所や清掃箇所の担当者を明確にします。

決め方は下の写真のように部屋のレイアウトを区分けして担当者を割り当てます。

一人一役の効果は主に2つあります。

  • エリアの漏れやダブりをなくす
  • 責任が明確になる

です。

 

清掃エリアに漏れやダブりがなくなる

エリアがきっちりと分けられているので、掃除が漏れてしまうことや、同じ場所を複数の人が掃除してしまうことを防げます。

分担する場所は明確に決めておいた方が良いです。

例えば担当する場所をローテーションする時に図示しておくことで、簡単に把握することができます。

 

自分の責任箇所が明確になる

自分がどこのエリアを清掃しなければならないのか明確なので、清掃に対する意識が高まります。

逆に言うと、誰がサボったのかが一目瞭然になります

 

担当エリアは毎月ローテーションしています。

人を変え、視点を変えることで、これまで気がつかなかった汚れが見つけられるからです。

 

うまく巻き込むことで不公平感を失くす

「一人一役」をすれば意識は大きく変わります。

掃除が隅々まで行き届き、継続するためには、こうした細かい取り決めが大事です。

5S活動で問題となるのが「参加するメンバーが損をすること」です。

社内で5S活動を実施しても、リーダーや一部の従業員しか参加していないことがあります。

最初のうちは活動を続けることができますが、次第に危うくなります。

「自分ばっかりやって、やらない人が得している」

「やってもやらなくても評価が同じなら、やらない方が良い」

こんな声が声が聞こえるようになると、5S活動が会社の雰囲気を悪くします。

「一人一役」をうまく使ってメンバー全員を巻き込めば、不公平感がなくなります。

また参加しているメンバーをわかりやすく評価しましょう。

人事制度の評価に組み込んでしまえば、ほとんどの人が参加します。

しっかり仕組みを構築して、意味のある活動にしてください!

 

5S活動で組織を変えよう

私は5S活動の重要性をこのブログで発信しています。

また組織的に実行するための、ノウハウをまとめています。

参考書と違い、すぐに実行できるツールをふんだんに盛り込んでいます。

ぜひご活用くださいませ(^^)

【超実践コンテンツ】経営コンサルタント・ノウハウ「組織の実行力を向上させる5S活動」

 

-コンサル実務, 5S活動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

人事制度で重要な3つのこと

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は人事制度についてです。 私は実務で人事制度の構築を支援しています。 構築するときに、大事にしていることを紹介します。   Contents1 …

「作業興奮」でやる気を引き出そう!

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 仕事のモチベーションの話で「やる気を出すためにはどうすればよいか?」ということがテーマになることがあります。 今回は「やる気を高めるためにはどうすればよいか …

5S活動で改善する土壌を作ろう

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 私は仕事がら会社の経営者と話をする機会が多いです。 そこでは普段は言えないようなことも聞くことがあります。 今回は5S活動にも限界があること、しかし改善の土 …

評価制度の落とし穴「中央化傾向」|診断士実務

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 私は中小企業診断士の資格を取得して、40歳から未経験で経営コンサルタントの仕事を始めました。 仕事内容はいろいろありますが、その一つとして「評価制度構築」に …

会社の問題解決は「現場」を直接見ることが重要

皆さんこんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 私は中小企業診断士試験に独学でストレート合格し、無謀にも40歳から経営コンサルタントになりました。 試験勉強や実務で得たことを、ブログで発信しています …