財務・会計

財務活動によるキャッシュフロー(財務・会計)

投稿日:

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。

今回は財務活動によるキャッシュフローについて解説をしていきます。

前回は投資活動によるキャッシュフローを解説しています。

キャッシュフローは中小企業診断士試験で非常に重要ですので4回に分けて解説しています。

第1回目のキャッシュフローの概要についてはこちらからどうぞ

第2回目の営業活動によるキャッシュフローはこちらからどうぞ

 

試験重要度 ★★★★★

キャッシュフローは一次試験の財務・会計や二次試験の事例Ⅳにおいても頻繁に出題されます。

キャッシュフロー計算書は複雑ですが、手順は決まっています。

ですので、まずは解説で手順を学んだら問題を解いてみて下さい。

一次試験の問題であれば、それほど難しくはありません。

 

財務活動によるキャッシュフローとは?

財務活動によるキャッシュフローは、お金の調達や返済といったことが該当します。

具体的には以下の4つに分類できます。

  • 借入金(短期・長期)
  • 社債
  • 株式
  • 配当金

があります。

どういった時にお金が動くかは2パターンです。

  • 借入:キャッシュが増加
  • 返済:キャッシュが減少

分けて表示することがポイントです。

営業活動によるキャッシュフローに比べて単純ですので、覚えやすいと思います。

では、それぞれの項目について解説を始めます。

 

借入金(短期・長期)

借入金は短期と長期があります。

返済が1年以内かどうかで分けられますが、キャッシュフローの処理は一緒です。

どういった時にお金の変動があるかは、

  • 借入れによる収入
  • 借入金返済による支出

です。

具体的に2期分の「負債の部」を示して、キャッシュのインとアウトを解説します。

第10期 負債の部 第11期 負債の部
短期借入金 100 短期借入金 200
長期借入金 200 長期借入金 100

借入れによる収入

実際に計算してみます。

注目するのは貸借対照表の「短期借入金」です。

第10期では短期借入金は100でしたが、第11期では200になっています。

短期借入金が増加していますね。

ということは第11期に短期借入金で借入100を行っていることがわかります。

 

借り入れたということは、「お金が入ってきた」ということです。

これを財務活動によるキャッシュフローに「100」として記載します。

 

借入金返済による支出

今度は長期借入金に注目してください。

第10期の長期借入金は200ですが、第11期には100となっています。

長期借入金が減少しています。

ということは第11期に長期借入金の返済を100したということです。

 

返済したので「お金が減った」ということです。

これを財務活動によるキャッシュフローに「▲100」として記載します。

 

ちなにみ借入金の場合「利息」が発生します。

損益計算書の「営業外費用」に計上されます。

これは営業活動によるキャッシュフローの小計以下に計上しています。

ここでは貸借対照表の借入金だけを見ればOKです。

 

社債

社債も、借入金と同じように考えることができます。

社債に関連する項目には、

  • 社債の発行による収入
  • 社債の償還による支出

があります。

社債の発行による収入

これも具体的に見ていきます。

第10期 負債の部 第11期 負債の部
社債 100 社債 200

第10期と第11期の貸借対照表「負債の部」だけをピックアップしています。

第10期の100が第11期に200になっていますので、100増加しています。

ということは社債を発行しているということです。

社債を発行するとお金が手に入ります。

これを財務活動によるキャッシュフローにプラスとして記載します。

 

ちなみに社債は「負債」に入ります。

社債は借入金と同様に、最後は利息をつけて返済します。

よって返済する義務があるので「負債」です。

前から言っていますが、

  • 権利は「資産」
  • 義務は「負債」

です。

 

社債の償還による支出

第10期 負債の部 第11期 負債の部
社債 200 社債 100

第10期の200が第11期に100になっていますので、100減少しています。

ということは社債を償還しています。

社債の償還はお金が出ていっています。

これを財務活動によるキャッシュフローにマイナスとして記載します。

 

ちなみに償還するときに元本と利息を支払いますが、利息については「営業活動によるキャッシュフロー」の小計以下で計上しています。

ここでは元本である貸借対照表の増減を見ればよいです。

 

株式

株式に関連する項目には、

  • 株式の発行による収入
  • 自己株式の取得による支出

があります。

株式の発行による収入

第10期 純資産の部 第11期 純資産の部
資本金 100 資本金 200
資本準備金 50 資本準備金 100

「株式の発行による収入」は、資本金と資本準備金の残高を元に計算します。

株式の発行で調達した現金は、資本金と資本準備金に組み入れられます。

よって、「株式の発行による収入」は、資本金と資本準備金の増加額を足したものになります。

 

上の簡単な純資産の部では第10期に資本金100と資本準備金50から第11期に資本金200と資本準備金100に増加しています。

財務活動によるキャッシュフローに「株式の発行による収入150」とプラスにします。

 

自己株式の取得による支出

第10期 純資産の部 第11期 純資産の部
自己株式 ▲10 自己株式 ▲20

「自己株式の取得による支出」は、自己株式を取得する際に支払った金額となります。

これは、貸借対照表の「自己株式」の増加額となります。

自己株式はマイナス表記します。

よって増加するとマイナスの額が増えます。

上の図では第10期に▲10から第11期に▲20と増加しています。

 

財務活動によるキャッシュフローに「自己株式の取得による支出▲10」とマイナスにします。

 

配当金

配当は剰余金から行われます。

正確な配当額を調べるには株主資本等変動計算書の「剰余金の配当」を確認する必要があります。

株主資本等変動計算書については過去のブログで書いています。

 

配当金の支払額は、キャッシュの流出になるため符号がマイナスになります。

試験では注記欄に配当額が書いてあることもありますので、注意しておきましょう。

 

具体例から計算

ここからは営業活動によるキャッシュフローから使用している、具体例から計算します。

まずは借入金からです。

貸借対照表を見ると、短期借入金と社債はありませんが、長期借入金があります。

その他資料の③を見ると、当期の新規借入はありません。

期首残高は貸借対照表の第 X1 期末の残高の 350 です。

当期借入は 0 です。

期末残高は貸借対照表の第 X2 期末の残高の 250 です。

ということは、長期借入金を返済してキャッシュが減少しています。

よって、当期返済額は ▲100 となります。

 

次は資本金です。

貸借対照表の「資本金」を見ると、第X1期1,000から第X2期1,400になっています。

400株式を発行したことが分かります。

ここで、「株式の発行による収入」は、資本金の増加額である 400 です。

また、自己株式はありませんので、自己株式によるキャッシュ・フローはありません。

 

最後に配当金を計算します。

この例では、その他資料の⑤を見ると、配当金支払額が 250 であることがわかります。

よって、符号を逆にした▲250 が「配当金の支払額」となります。

ここまでが、財務活動によるキャッシュ・フローです。

 

これらを集計したものが、財務活動によるキャッシュ・フローの合計額になります。

合計額は50 となっています。

つまり財務活動によりキャッシュが 50 増えました。

財務キャッシュ・フローの内訳を分析すると、

  • 長期借入の返済と配当金による支出350
  • 株式の発行でキャッシュを400調達

結果 50 プラスになったことがわかります。

 

そして、営業活動、投資活動、財務活動をすべて合計したキャッシュ・フローが、その下の行の「現金及び現金同等物の増加額」となります。

例では 250 となっていますので、250 だけキャッシュが増えたということです。

また、この 250 という数字が、その下の行である「現金及び現金同等物の期首残高」と「現金及び現金同等物の期末残高」の差額となっているます。

 

最後に

これで第4回にわたって続いていた、キャッシュフロー計算書の解説は終了します。

何度も言っていますが、キャッシュフロー計算書は重要テーマです。

知識を定着させる近道は「過去問で練習する」です。

実際に考えて説いてみることで、見落としや計算間違いに気づくことができます。

中小企業診断士試験は範囲が広いので大変ですが、ちょっとずつ勉強すればだんだん身に付きます。

こうした知識は仕事においても役に立ちます。

目の前の仕事だけでなく、全体最適の考え方を持つことができるようになります。

私も解説ブログを続けていきますので、一緒に頑張りましょう!

 

中小企業診断士の通信教育について知りたい方はこちらからどうぞ!

私の勉強方法など、中小企業診断士合格へのヒントはこちらからどうぞ!

【無料ダウンロードあり】コンサルタントのノウハウや中小企業診断士試験用の暗記カードデータはこちら

 

 
  にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

-財務・会計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キャッシュフロー計算書の概要について(財務・会計)

こんにちは中小企業診断士のカズユキです。 今回は中小企業診断士の一次試験・二次試験共に重要なテーマ「キャッシュフロー計算書」について解説します。   Contents1 試験重要度 ★★★★ …

企業の結合会計(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は企業の結合会計について解説します。 結合会計には、 合併会計 連結会計 といったものがあります。 Contents1 試験重要度 ★★☆☆☆2 合併会 …

株主資本等変動計算書(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は株主資本等変動計算書について解説します。   Contents1 株主資本等変動計算書とは2 前期末残高は「前期までの純資産構成」3 当期変 …

商品売買に関する仕訳について2|簿記の基礎(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は前回の続きで仕訳について解説します。 前回は現金と掛取引について解説しました。 基本的な内容なので、そちらから見ていただくと良いです。 商品売買に関す …

税務会計|税効果会計について(財務・会計)

こんにちは!中小企業診断士のカズユキです。 今回は税務会計の「税効果会計」について解説します。 Contents1 試験重要度 ★★☆☆☆2 税効果会計とは3 税効果会計の計算例3.1 税効果会計適応 …

PREV
投資活動によるキャッシュフローの計算(財務・会計)
NEXT
原価計算の概要(財務・会計)

おすすめの通信教育